Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が牡牛座の子ども『無理しなくて大丈夫だよ。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

【月星座が牡牛座の子どもの性質】

 

まるまるした赤ちゃんで、心地よくしっかりおっぱいを飲んでいれば、いつもにこにこしていて手のかからない子です。

とにかく安心を求めます。温かくほのぼのとした家や、居心地のよいものが必要な子どもです。家族意識が強く健康的、幸せで前向きな大人に育ちます。

一方、食べ物や五感に訴えるような行動に走ってしまうこともあります。

また、

”人生には物質以外のものも大切である”

”自分では完全にコントロールできないものもある”

”すべてを永遠に保持することはできない”

ということに気づく必要があります。『それでも大丈夫なんだと。』知ることが必要。

月星座牡牛座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドとして満たされなかったものを持ったまま、生きていくことになります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても満たされた状態で自分らしくいられることに繋がります。

【月星座が牡牛座の子供の未来のためにできること】

マイペースを認め、急かさないように
音楽や芸術など美しいものに触れさせてあげる
交友関係を持つことを小さい頃から少しづつさせるように
体を動かす機会を作ってあげる
音楽や芸術など美しいものに触れさせてあげる
子どもの生活のリズムを尊重してあげる

そのことをよく理解してあげて子供の未来を作っていってあげましょう。

そんな月星座牡牛座のお子さんのかけてあげると良い言葉は、

「無理しなくて大丈夫だよ」

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop