Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が獅子座の子ども『さすがだねすごいね。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

【月星座が獅子座の子どもの性質】

茶目っ気たっぷりで、生まれながらに堂々としています。

自分は、特別な存在だと感じれることが必要です。何の分野でもいいので自分が一番だと感じられることが大事。

競争を好み、褒められればいくらでも頑張り、たくさんの特別なご褒美を求めます。

温かい歓迎と称賛を受けられるような状況を探し求めます。

一方、早熟な才能があるため、横柄か尊大になりやすく、友達の前で見栄をはる危険性があります。

また、少し甘やかされすぎると、わがままになります。往生際が悪いところもあります。

月星座獅子座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドが満たされなかったものを抱え、生きていく可能性があります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても笑顔でいられることに繋がります。

【月星座が獅子座の子供の未来のためにできること】

・褒めて育てて能力を伸ばしてあげる

・自分よりも能力のある子どもや立場が上な人がいることを教える

・胸のあたりが広く、心肺機能も優れているので水泳で健康管理を

・習い事で競争心を刺激し続け、才能を伸ばすサポートを

そのことをよく理解して子供の未来を作っていってあげましょう。

かけてあげると良い言葉は、

「さすがだねすごいね」

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop