Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が蟹座の子ども『何があっても守ってあげるよ。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

【月星座が蟹座の子どもの性質】

愛らしく、特に母親との絆が強い。自分の思いや感情をすぐに伝え、小さいうちは泣き虫です。子どもらしい子どもです。

手厚い保護を求めているため、健全なサポートを十分に受けられる環境にしておく必要があります。

自分自身で自分をいたわれるようにしておく必要があります。安心できる家がもっとも大事ですが、辛い時に頼れる人も必要です。

基本的な欲求に常に注意を払い、欲求を最優先させてあげましょう。それができないと、周りの人を操ったりしようとします。

また、感受性が強く、情緒不安定になりやすいため、しっかり守ってあげているということが伝わるように。

月星座蟹座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドが満たされなかったものを抱え、生きていく可能性があります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても笑顔でいられることに繋がります。

【月星座が蟹座の子供の未来のためにできること】

・外からの刺激に非常に敏感なので順応しやすい環境作りを

・スキンシップで守っている態度を表現

・習い事をさせて才能を伸ばしてあげる

・食事の栄養バランスには十分な配慮を

・頭を使うことや、深呼吸が肥満防止になる

そのことをよく理解してあげて子供の未来を作っていってあげましょう。

かけてあげると良い言葉は、

「何があっても守ってあげるよ」

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop