Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が双子座の子ども『すごい、なんでも知ってるんだね。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

月星座が双子座の子どもの性質

語学力に長けていて、一度話し始めたら止まらない。社交的で、とても愉快な子どもが多いです。

動くものすべてに興味を持ち、質問攻めで親を悩ませます。

解くべき謎や探求する思想など、永遠に何かを探し続けます。

コミュニケーションは、心を解き放つことに必須なので、おしゃべりの機会をたくさん与えてあげてください。

知識欲が満たされることで、創意や生産性も高まります。常に満足感が得られるものを与えてあげる。

しかし、多様性や刺激も求めながら、どこに向かうのかを常に自問させるようにしましょう。

月星座双子座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドが満たされなかったものを抱え、生きていく可能性があります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても笑顔でいられることに繋がります。

【月星座が双子座の子供の未来のためにできること】

思う存分おしゃべりをさせてあげるように
知りたいこと、やりたいことは何でもやらせてあげる
飽きても一つのことを続けさせるように
自信に繋がることを身につけさせる
ストレスの発散をさせ、神経を休ませるように

そのことをよく理解してあげて子供の未来を作っていってあげましょう。

月星座が双子座のお子さんにかけてあげると良い言葉は、

「すごい何でも知ってるんだね」

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop