Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が牡羊座の子ども『あなたがが一番だよ。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

月星座が牡羊座の子どもの性質

いつも列の先頭や、物事の渦中にいるような、愛さずにはいられない元気な子です。

生まれながらに負けず嫌いで、競争心によってを燃えるタイプなので、ライバルがいることや多少の障害があることはいいことです。

チャレンジを求めるので、全力を尽くして取り組めるものを日常に取り入れることで、潜在能力を引き出します。

一方、自由を与えられすぎると、愛されてないような気がして、機嫌を損なってしまう傾向もあります。

怒りっぽく、イライラするようになれば注意が必要です。

目的が見つかれば、それに向かって一直線に進むので、エネルギーを上手に創造的な興味へ向けましょう。

月星座牡羊座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドが満たされなかったものを抱え、生きていく可能性があります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても笑顔でいられることに繋がります。

【月星座が牡羊座の子供の未来のためにできること】

のびのび自由に
大きなエネルギーを損なわないこと
思いっきり体を動かす環境を作ってあげる
頭痛や発熱は体調低下のサイン
年上や目上の人と交流させてあげる

そのことをよく理解してあげて子供の未来を作っていってあげましょう。

そんな牡羊座のお子さんにかけてあげると良い言葉は、

「あなたが一番だよ」

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop