Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が乙女座の子ども『ほんとうにおりこうさんだね。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

【月星座が乙女座の子どもの性質】

臆病で内気な傾向があり、神経質で引っ込み思案な子もいます。

自分だけで処置して自己満足してしまいがちです。

隠れた才能を表現できるように勇気づける必要があります。

素晴らしい集中力があります。目標を達成したと自分が満足するまで、黙々と計画的に物事に取り組めます。

一方、自分自身をコントロールしようとして感情を抑えるため、かなり神経質で選り好みの強い傾向があります。

12星座の中でもっとも分析的タイプで、ちゃんと理解してからでないと前に進めません。

また、物事がどうしてそうなるのかという理由を探してあげることが大切です。

月星座乙女座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドとして満たされなかったものを持ったまま、生きていくことになります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても満たされた状態で自分らしくいられることに繋がります。

【月星座が乙女座の子供の未来のためにできること】

・自分の枠を飛びだし広い世界を教えるためにも自由にのびのびとした環境を与える

・神経を休ませてあげるように

・芸術系の習い事は神経を休め、情緒を安定させる

・薬を飲ませるよりも神経を休ませることで健康管理を

・規則正しい生活習慣を確実に教えると、しっかりと自分で自分を律しコントロールする

よく理解して子供の未来を作っていってあげましょう。

かけてあげると良い言葉は、

『ほんとうにおりこうさんだね』

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop