Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が魚座の子ども『いっしょにいてあげるからこわくないよ。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

【月星座が魚座の子どもの性質】

あやせばすぐに喜び、育てやすい子で可愛らしく穏やかな赤ちゃんです。

心豊かで、無条件に誰に対してもやさしく誰からも愛される。

お人好しで自己主張が乏しいく、素直でデリケートな心を持っていて、成長するにつれ、外的な影響に感化されやすい。

直感が鋭く、理屈でなく感じ取ることができる。

想像力に富み、嫌なことがあると空想の世界を作って逃げ込むことができます。

無邪気で好奇心強く、順応性豊か。

シャイで繊細な子が多く、授業中に白昼夢を見るタイプです。

強い子には弱虫に見える映るため、からかわれたりいじめられたりすることもあります。

小説を書いたり芸術に秀でています。

気まぐれでまるで予想がつかず、生活にもある種のおとぎ話が必要なので、少しばかり魔法がかったものを与える必要がありあす。

夢を見たり横道にそれる時間も必要です。

内なる子どもの逃避欲求を満たしてあげる必要があります。

お互いにべったりする関係ではなく、支え合えるような関係を求めます。

人から好かれるためには、進んで自分を「なくして」他人と同化してしまおうとします。

月星座魚座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドとして満たされなかったものを持ったまま、生きていくことになります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても満たされた状態で自分らしくいられることに繋がります。

【月星座が魚座の子供の未来のためにできること】

・豊かな感受性を守り、心穏やかに過ごせる環境を

・理屈を考えさせる習慣を身につけさせる

・人に騙されたり利用されないように友達付き合いの把握を

・芸術関係の習い事をさせてあげる

・思う存分無条件に甘えさせるように

・周囲の影響を受けやすいのでルーズな生活にならないように管理を

よく理解してあげて、子供の未来を作っていきましょう。

かけてあげると良い言葉は、

『いっしょにいてあげるからこわくないよ』

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop