Family Tree今を楽しむ女性に贈る、人生を豊かにするための情報キュレーションメディア

facebook

instagram

child

月星座が蠍座の子ども『できるまでがんばっててえらいね。』

:子育て

月星座とは、生まれた瞬間に、月の後ろに位置していた天体(星座)のことで、私たちがよく知っている星座は太陽星座と言って、生まれた瞬間に太陽が位置していた天体(星座)のことです。

月星座は『本来の自分』や『ありのままの自分』  生まれてから7歳くらいまでは月星座の性質で生きています。

太陽星座は『こうなりたい私』『そうなりたい私』  7歳から徐々に、太陽星座の影響を受け、その性質に向かって生きていくようになるのです。

月星座の性質を知ることで、子供にどう関わればいいかがわかります。

月星座が蠍座の子どもの性質

自我がかなり強く、生まれて間もない頃から要求が多い。

家族の中では、どの星座よりも蠍座の子を中心に物事が決められがち。無視されたくないという気持ちが強い。

一方、控えめなところがあり、秘密主義で自分の気落ちは心の中にしまっておきたいという本能を持っているため、用心深く慎重な性格。

心の奥には激しい感情が渦巻いていて、秘めたる情熱を持っている。

いざとなったらエネルギーを爆発させて、人を恨んだり、愛します。

心を許すのはごく少数。

強い欲求を持っているのに、それをなかなか認めようとしない。

物事の隠れた面にも目を向け探究心を満たす必要があります。

また、激しい気性の持ち主で、すねたり、ねだったりすることも多い。

安心して愛情のキャッチボールができるようになるまでかなりの忍耐が必要で、それが最終目的となります。

月星座蠍座の長所・短所・才能・健康面

『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、その子の月星座の性質を抑えて子育てすることによって、しっかりとその子自身が満たされます。

しかし、お子さんのこのような性質に気づいてあげられず、サポートをしてあげられないまま大人になるとインナーチャイルドとして満たされなかったものを持ったまま、生きていくことになります。

何を必要としていて、

何がその子にとって心地よく、

何をすることで喜びを感じ

何が足りないのか

まずは、そのことを知ることで子供の笑顔を作り、大人になっても満たされた状態で自分らしくいられることに繋がります。

【月星座が蠍座の子供の未来のためにできること】

・おとなしいからといって子供をほったらかしにしないように

・大人がお手本として、誠実な姿を見せること

・子供にぴったりの分野を探してあげれるとその道の第一人者に

・子供が集中している時は絶対じゃまをしないように

・決まった時間には寝かしつける規則正しい生活を心がける

よく理解してあげて、子供の未来を作っていきましょう。

かけてあげると良い言葉は、

『できるまでがんばっててえらいね』

です。

月を知ることだけでも、お子さんを知り、そして自分を知ることができ子育ても楽しくなります。

:子育て

pagetop